活性酸素とは?

活性酸素が、体内でどういう働きをするかご存知ですか?人間が呼吸をする時に、身体に取り入れる酸素は、体内で大切な働きをしてくれます。しかし、身体に取り込まれた酸素の中で、使用されなかったものが活性酸素となってしまうのです。

 

活性酸素は、細胞を錆びつかせ、老化を早める原因となります。それだけではなく、様々な病気の原因となってしまう場合もあるのですが。ここでは、活性酸素について、見ていきたいと思います。

 

活性酸素を発生させるもの

身体に取り入れた酸素の一部が、活性酸素になりますが。そのほかに、飲酒・喫煙・食品添加物・紫外線・環境汚染・ストレスなども、活性酸素を発生させます。中でも、喫煙の際に体内に発生する活性酸素の量は、かなり多いとされています。

 

活性酸素が原因で発生するもの

活性酸素が体内に発生する量によっては、病気が発症してしまう場合もあります。病気の中には、高脂血症・糖尿病・ガンなどがあります。どれも深刻な病気であるため、このような病気を発生させないためにも、身体の抗酸化力を出来るだけ高いレベルに保っておく必要があります。

 

活性酸素を抑えるもの

身体には、活性酸素を抑える働きが備わっています。これを、抗酸化力と言います。

 

しかし、この抗酸化力も、加齢と共に低下していくため、食品などを通して、抗酸化作用の高い成分を身体に取り入れることが大切です。しかし、抗酸化作用の高い成分の中には、食品の中には少しの量しか含まれていないものもあるため、必要な量を摂取しようと思ったら、かなりの量の食品を取る必要があります。このように、食品から取ることが難しい抗酸化成分は、サプリメントやドリンクなどから取ると良いかもしれません。

 

活性酸素は、生きていく上で、常に体内で発生するものです。体内のバランスを取るためにも、毎日の中で、抗酸化作用の高い成分を積極的に取り入れたいですよね。

 

現代は、高い抗酸化作用のある成分が配合された便利な製品が数多くあります。体内の抗酸化作用をサポートするには、コツコツと抗酸化作用の高い成分を取り入れていくことが大切です。