抗酸化成分と働き

抗酸化作用は、体内の活性酸素による様々な弊害を抑えてくれる大切なものです。

 

活性酸素は、呼吸を通して酸素を身体に取り入れる際に、その一部が活性酸素となってしまうため、体内で常に発生し続けているものです。身体に酸素を取り入れることで発生する活性酸素はごく僅かな量ですが、そのほかにも、活性酸素を発生させる原因となるものは、数え切れないほどあります。活性酸素が身体に及ぼす弊害を防いでくれるのが、体内の抗酸化作用です。ここでは、様々な抗酸化成分とその働きについて、見ていきたいと思います。

 

ビタミンC

ビタミンCには、活性酸素を抑える働きがあり、血液中で抗酸化作用を発揮すると言われています。ビタミンCは、身近な野菜や果物の中に豊富に含まれる成分のひとつであり、毎日の食事から取り入れやすいと言えます。

 

ビタミンE

ビタミンEには、活性酸素を抑える働きがあります。主に、体内の脂肪の酸化を抑える働きがあり、ビタミンEの抗酸化作用をより高めるには、同時にビタミンCを取る必要があります。

 

セレン

セレンは、抗酸化使用のあるミネラルのひとつです。細胞の酸化を予防する作用があり、ビタミンEの作用をサポートすると言われています。

 

ポリフェノール

ポリフェノールは、数多くの植物に含まれています。強い抗酸化作用のある成分で、活性酸素を除去する働きがあります。ポリフェノールは、毎日の中でお茶などを通して手軽に取り入れることの出来る成分です。

 

β-カロテン

β-カロテンは、カロチノイドという赤色の色素成分の一種です。強い抗酸化作用があり、発がん抑制作用があることで知られています。さらに、β-カロテンは、体内でビタミンAに変化することもあります。β-カロテンは、トマトや人参などの赤い色素を持った野菜に多く含まれていると言われています。

 

抗酸化成分は、活性酸素の様々な働きを抑えます。さらに、それぞれの抗酸化成分を組み合わせて取り入れることによって、相乗効果を発揮するものが多いようですね。