抗酸化作用のある食品

体内では、気づかないうちに、多くの活性酸素が発生していることがあります。身体が取り入れた酸素の一部が、活性酸素になることは広く知られていることですが、それ以外にも、生活習慣の乱れやストレスなどでも、体内に大量の活性酸素が発生すると言われています。

 

こうして、毎日の中で絶えず発生し続ける活性酸素は、老化や病気の原因となるものですが。抗酸化作用のある成分を身体に取り入れることで、活性酸素の働きを抑えることが出来ます。ここでは、抗酸化作用のある食品について、見ていきたいと思います。

 

ビタミンCが含まれている食品

ビタミンCは、イチゴ・オレンジ・キウイ・レモンなどの果物や、ほうれん草・キャベツ・ピーマン・ブロッコリー・パセリなどの野菜の中に含まれています。ビタミンCは、身近な食品の中に含まれているため、それだけ多く身体に取り入れることが出来ますが、水溶性で体外に排出されやすいため、体内に蓄積されにくい成分です。

 

ビタミンEが含まれている食品

ビタミンEは、うなぎ・たらこ・カツオなどの魚類、くるみ・アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類に含まれています。

 

セレンが含まれている食品

セレンは、玉ねぎ・ネギ・イワシ・ホタテなどに含まれています。セレンは、食品などを通して取り入れる分には、過剰摂取の恐れのないものですが。サプリメントなどには、成分がより凝縮して含まれているため、過剰摂取に注意が必要な成分です。

 

ポリフェノールが含まれている食品

ポリフェノールは、大豆・玉ねぎ・蕎麦・ウコン・お茶などに含まれています。

 

β-カロテンが含まれている食品

β-カロテンは、卵黄・うなぎ・レバー・かぼちゃ・ニンジン・ニラ・春菊などに含まれています。

 

それぞれの成分は体内で重要な働きをしてくれますが、こういった働きを体内で継続させるためには、毎日の食事を通して、抗酸化作用のある食品を、積極的に取り入れることが大切です。

 

成分の中には、過剰摂取に注意が必要なものもあるため、サプリメントで補うよりも、食品から取るようにすると良いでしょう。