抗酸化作用で老化防止

老化というと、人間が生きていく上で、自然とそうなるものである。というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。しかし、老化の大きな原因のひとつに、体内で活性酸素が大量に発生することが挙げられます。

 

活性酸素は、身体が酸素を取り入れる際にも僅かに発生するものですが、日常の中には、活性酸素を発生させるものが数多くあります。こうした活性酸素を抑える働きをするのが、体内の抗酸化作用です。ここでは、抗酸化作用と老化防止について、見ていきたいと思います。

 

抗酸化作用の低下は老化を促す

常に、体内では活性酸素が発生している状態です。しかし、身体には、抗酸化力というものが備わっているため、活性酸素の発生を抑えたり、また、活性酸素が身体に及ぼすマイナスの働きを抑えてくれています。

 

しかし、抗酸化力は、加齢に伴って低下していくため、抗酸化力の低下に比例して、ますます老化が促されるようになってしまいます。活性酸素を体内に大量に発生させる原因には、飲酒・喫煙・脂質の多い食事・紫外線・ストレスなどがあります。

 

こうした様々な事柄も、抗酸化作用が活発な時期であれば、病気が発病するにまで至らないのですが。抗酸化作用が低下する時期には、生活習慣などにも注意が必要です。

 

抗酸化作用で老化防止

若い頃は、抗酸化作用が体内でしっかりと働いているため、活性酸素が発生したとしても、その都度マイナスの働きを抑えてくれます。しかし、中年期になると、自らの抗酸化作用が低下して、日々、発生している活性酸素に対応するとが難しくなります。

 

そのた、抗酸化成分を含む食品などを、積極的に取る必要があります。抗酸化成分を含む食品は、数多くありますが。中には、かなりの量を食べなければ、必要な量を摂取することが出来ないものもあるため、健康食品などを通して、効率良く身体に取り入れるのもひとつの方法です。

 

毎日の中で常に発生している活性酸素の働きを抑えるには、日々の中で、抗酸化成分をコツコツと取り続けることが大切です。