サジージュースの成分一覧

サジージュースは、やや酸味があっておいしいというだけではなく、サジーに含まれた数多くの成分が、美容や健康をサポートとすることが、広く知られています。

 

サジーは驚異的なパワーを秘めており、その強い生命力から、農薬などを用いる人工的な栽培方法が取られておらず、モンゴルで自生しているものが収穫されて、ジュースに加工されているのです。ここでは、サジージュースの成分について、見ていきたいと思います。

 

サジージュースの成分
  • アミノ酸

必須アミノ酸を含む18種

 

  • 有機酸

リンゴ酸・クエン酸・キナ酸など

 

  • ビタミン

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンK1・葉酸・ビオチンなど

 

  • ミネラル

鉄・カリウム・カルシウム・亜鉛・セレンなど

 

  • ポリフェノール、フラボノイド

ケルセチン・ルチン・ミリセチン・ケンフェロールなど

 

  • カロテノイド

α-カロテン・β-カロテン・γ-カロテン・ルテインなど

 

  • 脂肪酸

α-リノレン酸・リノール酸・オレイン酸など

 

  • 植物性ステロール

β-シトステロール・カンペステロール・イソフコステロールなど

 

  • 糖鎖

キシロース・マンノース・ガラクトースなど

 

  • その他

食物繊維など

 

サジージュースに含まれている成分の働き

サジージュースには、数多くのアミノ酸が含まれていますが、アミノ酸は、人間の身体を作るために必要な成分だと言われています。サジーは、必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸を含んでいます。

 

アミノ酸のうち、必須アミノ酸は体内で作ることが出来ないものであるため、食品で補う必要があります。サジーに含まれている成分の働きで代表的なものが、疲労回復効果

 

サジーに含まれているリンゴ酸は、疲労回復や身体の代謝を促す効果のある成分です。代謝の中でも、特に脂肪燃焼に効果があるとされています。

 

そのほか、糖質や脂質の代謝に関する働きを促している成分に、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6などがあります。さらに、強い抗酸化作用がある、ビタミンE・β-カロテンなど、それぞれの成分が様々なサポートをします。

 

数多くのフルーツジュースがある中で、これほど豊かな栄養素を含んだ、バランスの良いジュースは、なかかなありませんよね。